ホワイトウィドウ

(white widow)

ハイブリッド


Avg.  4.5   |    4 レビュー


ホワイトウィドウについて


ホワイトウィドウは、THC濃度が平均20%にもなるサティバ優勢ハイブリッドで、ハイタイムズのカンナビスカップで複数の受賞歴のある人気品種です。

サティバ/インディカ比は60:40になり、クリアーな思考を維持しながらリラックスできる効果があります。
摂取後、すぐに多幸感と湧き上がるようなエネルギーが感じられ、程よい身体的なリラックス効果もあるので、アウトドア散策や友人との会話、創造的な活動などをより楽しむことができます。
医療的にはうつ病、ストレス、痛みやPTSDに特に効果があります。

ホワイトウィドウはアンモニアのような刺激臭に土壌と松の薄い匂いがあることで知られています。また芽を砕くとより大麻っぽさとお香のような香りがあります。燃えると、鼻にツンとくる感じが強まるため、公共の場では注意した方が良いかもしれません。

この品種はブラジル原産のサティバ種と南インドのインディカ種の交配によって誕生し、透明な樹脂によって白く覆われる芽が名前の元になっています。CBD濃度は1%ほどになります。


効果

幸福感

リラックス

陶酔感

元気

活発


医療効果とネガティブ


ストレス

うつ

痛み

疲労

不眠症



口の渇き

ドライアイ

勘ぐり

不安

めまい


親株


子株


レビュー





フルレビューを書く

(摂取物の状態やフレーバー、自分の体調や効果など、より詳しい内容を入力できます。)


自分に適用される法律を理解して、

違法行為をしないようお願い致します。


新しい記事



最近更新された品種



アクセスの多い品種ランキング